葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

自然葬について

大阪で葬儀をするならここに頼みましょう!きっとあなたが満足する心のこもった式を執り行ってくれますよ!

自然葬で失敗しないために

墓地を作らず、海や山などに遺体や遺灰をかえし、文字通り「土に帰る」葬送を自然葬と言い、日本では主に散骨や樹木葬等をさします。 「菩提寺や墓地がない」「墓地を継いでくれる家族がない」等の理由で、注目を集め始めた自然葬ですが、トラブルなども多く報告されています。 散骨自体は法規制の対象外ですが、粉骨してから行わないと罪に問われます。死体遺棄や遺骨遺棄と言った刑法がそれに当たります。 海洋散骨は迷惑防止法や海洋汚染法に問われる事もあり、きちんとした業者選びと、事前の情報収集が大切です。 養殖場の近くなどで行う場合は、やはり感情面でのトラブルが起きがちです。景色がいい場所へ散骨したいと、景勝地を選ぶのもトラブルの原因。散骨は絶対に許可を得て、周辺への配慮を忘れてはいけません。

トラブルを回避して理想の葬儀を

先述の通り、自然葬は周辺の理解を得られて初めて成立する葬儀です。 この周辺には、故人の親族や知人、友人も含まれています。故人の兄弟に何も言わないまま散骨してしまい、後に感情の衝突があり絶縁してしまったと言うケースもあります。 散骨場所の候補をいくつか考えておくのも、葬儀を潤滑に成り立たせる工夫です。故人が好きだった場所に散骨したいとしても、そこに許可が下りるか、周辺とのトラブルが起きないかなどの事情が最優先です。故人に心やすく眠ってもらうためにも、無用なトラブルは起こさないのが肝心です。 景色のいい場所をと考えるなら、樹木葬と言う選択もあります。里山や公園など、許可を得て作られた霊園に埋葬し、墓石をおかずに樹木を植えると言う方法です。ガーデニングのように庭園タイプの霊園もありますし、永代供養ですが費用を抑えられ、継承者問題もありません。

心がこもった葬儀を東京で行ないましょう。評判が良い業者では香典返しの準備などもしてくれるので遺族のサポートにも最適です。

信頼性があり、価格も安いから安心して家族葬を行なうことができます。葬儀のことで不安があるなら相談してみると良いですよ。

納骨堂について知る

死後はお墓に入るという一般的な価値観が変わりつつあります。子孫に迷惑をかけないようにしたいという思いから、納骨堂を利用するという方が増えています。永代供養が備わっており、管理者が永久的に供養を行なってくれます。

遺品の処理

自分が死んだ後に、自分の持ち物の処分をどうするかで、家族が悩まないようにするという配慮ある準備をしている方が増えています。第三者に遺品整理を委託することで、自らの遺品整理を円滑に済ませる事ができます。

自然に帰る

死後、自分の遺体を自然に返したいという方は多くいます。散骨をする場所を選べば違法にはなりません。散骨に関して知識がある専門の業者に相談すれば、トラブルを避ける事が出来ます。

冠婚葬祭について

通夜葬儀に関しては、葬儀開快感で行なう事が多くなっています。香典返しに関して知識を持って間違えないようにしましょう。葬儀会社の案内で。当日渡すことや後日郵送で送るなどの方法があります。

火葬に関して

日本の埋葬は衛生面を考慮して火葬を行なう様に定められています。しかし、火葬場の数が不足しているという現状があります。経済的に困難という場合は、火葬式のみ行なうという選択もあります。

Copyright (c) 2015 葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう all reserved.