葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう

遺品の処理

自分の品物が遺品になってしまうとき

自分の死後さまざまな手間や作業の手間をかけることが申し訳ないので、自分の責任においてできる限りのことはしておきたいという人が多いのは、自分の死後何もかも安心して任せることのできる人がいないと思っている人が多いということです。 自分が生きているとき家財道具など自分の所有物、品物は遺品とは呼びません。亡くなった時点でその品物たちは遺品と呼ばれます。なんら姿かたちは変わっていない品物たちは、主がなくなった時点で遺品と呼ばれてしまうのです。 少子高齢化、核家族化、地域コミュニティーの低下により人間関係が希薄になり自分の死後の、これらの品々の整理作業が難しくなってきています。自分の死後迷惑をかけたくないのでこれらの品々の遺品整理を第三者にやってもらおうという人が多くなっています。

安心して任せられるという人間関係

安心して任せられる人がいないというのは、人間同士のコミュニティーがなくなってきていることです。自分が生きているときの人間関係の構築というのは非常に大切なことだと思います。たとえそれがたいへんみじかな親、子、兄弟の間柄でも大切です。ましてや自分の死後の遺品整理はこのいちばん近い間柄の人たちが主立ってやるわけですから。この人たちとの人間関係が崩れていると自分の死後の遺品整理がスムーズにいかないということになります。 遺品整理を専門として活動している会社も多くなってきました。はたしてこの企業は自分がまだ生きているうちの遺品整理など手がけてくれるでしょうか。死後の遺品整理がうまくいくように生前から、特に身近な人との人間関係の構築を大切にし、安心して任せられる人間関係を作るのが重要なことです。

Copyright (c) 2015 葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう all reserved.