葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう

自然に帰る

遺骨を自然に戻してほしいという故人の意思

生前から自分がなくなった場合、遺骨を海や山などの自然環境に返してもらいたいと願っておられる方がいます。俗にいう散骨という埋葬方法です。 遺骨を細かく砕き自然に返す方法なのですが、どこにでもまけばいいというわけではありませんし私有地や公用地などに勝手にまけばトラブルの元になります。一般的には海にまくことが多く山などへまかれる方もいらっしゃいます。 散骨は違法行為ととらわれがちですが、厚生省や法務省の見解としても違法行為ではないと認められています。 散骨を手掛けている業者も多く存在し、散骨協会なども設置されているところがあります。いずれにせよ生前のうちから自分の葬儀方法を考え自分の葬儀のイメージを考えておくことも重要だと思います。その中に葬儀方法の一つとして故人の意思があれば散骨という方法があってもよいかと思います。

故郷の海で散骨ができるようになった社会

散骨を請け負う業者もあると上で書いたのですが現在では様々な業者が自然葬という形で請け負っており、その値段も様々です。また自分が希望する海でまいてもらえるという(リクエストができる)業者もあるようです。これならば生まれ故郷の海で遺骨をまいてもらえるという希望があればそれを実現することも可能です。 一つの選択肢として散骨を希望するのであれば業者とよく相談し十分な計画を立てて利用することをお勧めします。現在では遺族が参列せずに散骨を代行してしまう業者や周りの業者に委託をしてしまう業者もあるそうなので、業者選びは慎重に行いたいものです。 また子供がおらず墓守をする人がいないという人たちなどにも、散骨は便利な葬儀方法かもしれません。

Copyright (c) 2015 葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう all reserved.