葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう

冠婚葬祭について

冠婚葬祭には地域やその時代、宗教などで様々な形式があります。 特に通夜葬儀に関しては人数や形式で金額も大きく変わることもありシンプルに行なう方もいればそうでない方もいます。葬儀会館などで行うことが多い今と違い古くは葬儀は各家庭の家で執り行うことがほとんどでそのため通夜葬儀の参列者の人数、お香典やお香典返しの数は多くなりがちでした。お香典返しはお香典をいただいた方たちにはきちんとするのが昔から礼儀とされています。たくさんの方からのお香典袋は通夜葬儀の日のうちに開封しきちんと金額を数え保管しておきますが、あとから知らせを聞いて郵送してくださる方もいます。お香典返しは地域性がありますが半額をお返しするということが多いでしょう。

お香典返しは葬儀社の案内でパンフレットから選び葬儀当日に参列者へお渡しする場合、またそれに加えて後日百貨店などのカタログから選んで送るケースなどもあります。日にちは概ね四十九日の法要のあとを目安にし、お礼状を同封して送ります。送り先が多くなるので葬儀の際受付で記帳してもらった住所氏名をもとにリストを作成し、お店に渡すとスムーズにいくでしょう。お香典返しを送る作業はこのように煩雑で細かい作業にもなるので一品一品選ぶのは大変です。商品券やカタログギフトはこのような作業から解放されるので多くの人に選ばれています。贈られるほうもかさばらない商品券や自分の好きなものが選べるカタログギフトが好まれています。

Copyright (c) 2015 葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう all reserved.