葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう

火葬に関して

火葬場は不足している

日本の埋葬は、一部地域を除いて火葬後に行うよう定められています。 埋葬地の確保についての諸問題であったり、衛生面を考慮されての事ですが、現在、火葬場は都市部を中心に全国的に不足しています。 周辺住民の理解を得られず建設が困難であったり、微量とは言えダイオキシンの発生が問題視されたり、理由は様々です。 火葬場や斎場の混雑により、亡くなってから葬儀まで一週間以上かかってしまったと言うケースもあり、火葬炉の不足は大きな問題となっています。 また、動きのいい時間に葬儀を行いたいと言うニーズも多く、朝早い時間であったり、午後の遅い時間なら空いていると言う場合も。 様々な理由での「火葬待ち」は今後も増えていくと見られ、「火葬場は生活に密着した施設である」という理解をどう求めていくかが課題となっています。

多額な費用がかかるという現状

葬儀にかかる費用の相場は200万円前後と言われ、葬儀を行う事が経済的理由により困難であるという場合も増えています。 その問題を受けて、多くの葬儀社や他業種のサービスとして、小規模な葬儀が提案されていますが、トラブルも多数報告されています。 その提案をしている側が小さな仕事をやりたがらず、不誠実な対応をされて不愉快な思いをした、と言うケースも。 火葬式や1日葬などを行う場合、ご遺体の安置場所や搬送でトラブルが起きやすくなっており、説明がない時はこちらから問いただすようにするなどの注意が必要です。 特に火葬式だけを行う場合は、担当の葬儀社に「自宅への搬送」と「火葬式のみ行う」と言う旨をきちんと伝え、その場で見積もりが出るかどうかの確認をするよう、専門家は進めています。見積もりを出し渋ったり、小規模な葬儀を嫌がる業者は思い切って断り、トラブルのない葬儀をしたいものです。

Copyright (c) 2015 葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう all reserved.