葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう

納骨堂について知る

様々な価値観、考え方からお墓という考え方が薄れてきています。

昨今では、ライフスタイルや死後の考え方の変化から、これまでは当たり前であった、墓に眠るという考え方が少しずつ変わって来ています。 子供に墓参りの迷惑をかけたくない、自分たちのことは自分たちで完結させてしまいたい等、家族に負担をかけない供養が望まれるようになってきています。 そのような人々が選ぶのが納骨堂です。 納骨堂には寺院、公営、民営など様々な運営方法があります。 そのほとんどが、管理者が永久的に供養してくれる永代供養が備わっています。 永代供養となれば、お彼岸、命日、回忌等の心配もありません。 少子化により、今後は無縁墓となるお墓も増えると言われています。 今後、ますます、お墓ではなく納骨堂で眠りたいという考え方は増えていくのではないでしょうか。

納骨堂に入る際に知っておきたいこと。

納骨堂について注意しておくべき点もあります。 いくら永代供養といっても、永久的にきれいに収蔵しておかれる訳ではありません。33回忌までなど期限付きの保管となっていることが多く、このタイミングで契約の更新となります。更新しなかった場合、管理者による供養後、土に埋葬され、合祀墓となります。場所にも限りがあるので仕方ないとはいえ、事前に保管期限などは確認しておくべき点です。 また、公営、民営の納骨堂は宗派にこだわらず入れます。 無宗派で構わないという人には、問題にはなりません。 しかし、自分の宗派にこだわりがある人は、信仰する宗派が管理している納骨堂を探した方が良いかもしれません。 細かい点デメリットとして挙げられのは、お供え物が出来ない所が多いということです。お供え物は個々の祭壇の前ではなく、合同の祭壇が用意されており、そこにお供えする場合が多いです。

Copyright (c) 2015 葬儀を行なうに当たって必要な情報を知り故人を安らかに供養しよう all reserved.